読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

晴れとくりえいてぃぶ

好き勝手やってる感じのアレ

相手のことを想う時間もプレゼントのひとつ

雑記

今週のお題「プレゼントしたい本」

 

 

今年の誕生日、友人や恋人からプレゼントで本を貰いました。

友人からは色の配置やレイアウトなど、Webデザインに関する本が二冊。

恋人からは以前一緒に買い物に行った時に「欲しい」と言っていた、国内と世界の綺麗な図書館がまとめられた本が一冊ずつ。

どれも本当に欲しかったもので、それをプレゼントとしてもらえたことがとても嬉しくて、眺めているだけでも幸せになる本たちです。

 

みなさんは、友人や恋人への誕生日プレゼントには何を渡すことが多いですか?

アクセサリーだったり、スマホケースだったり、ほかには雑貨とか食器とか?

私は人にプレゼントを渡したりサプライズすることが好きで誕生日じゃなくてもプレゼントを渡したくなる人間なのですが、誕生日プレゼントにはよくレターセットを一つ入れています。

私自身が手紙を書くことが好きでよく友達や恩師に手紙を書いていたため、今は手紙を書く人は少なくなってしまったけれど手書きでこころを伝えることの楽しさを知ってもらいたいな、と思って3年ほど前からプレゼントにはなるべくレターセットを入れるようにしています。プレゼントされたことをきっかけに、一度でも手紙を書いてくれたらいいかな、と。

レターセットをプレゼントする時は、自分の中の相手のイメージに合ったレターセットを探し回って、見た瞬間に「これだ!」と感じるものを買うようにしています。

そうして相手にぴったりのレターセットをプレゼントして、後日そのレターセットで手紙をくれたりなんかすると、もうめちゃめちゃハッピーですよね。それが楽しくて、プレゼント選びはやめられません。

 

というわけで、普段はレターセットをプレゼントしたり、自分が貰うときもレターセットやマステなどの文房具系を貰うことが多いのですが、少し前に仲の良い友人への誕生日プレゼントに、本を選んでみました。

その子はカフェが好きで、近いうちに東京に遊びに行くと言っていたので、東京のおしゃれなカフェがまとめられた写真の多い本と、星が大好きなのでその子の地元の写真も多く載っている星空の写真集を。

人に本を贈るのは初めてだったので喜んでもらえるか少し不安だったのですが、プレゼントを渡すととても喜んでくれて、本というプレゼントも良いものだな、と思いました。

そうしたらその後、私の誕生日に別の友人や恋人から本をプレゼントでもらって。

今まで誰かに本をプレゼントされることはなかったので、自分が誰かにあげた途端に貰えるようになったのは面白いなあと思っていました。

 

本でもなんでも、私が誰かにプレゼントを選ぶときの基準があります。

「自分ではわざわざ買わないけれど、欲しかったり好みに合っていて、もらうとうれしいもの」を考えながらプレゼントを選ぶようにしています。

本もその基準を満たしているのではないかなあ、と。

相手のことを考えて「この本を読んでみてほしいな」とか「あの子はあれが好きだから、あれに関係する本をあげよう」とかって選んだ本って、考えてみると貰う側は自分ではなかなか手に取らない本だったりするかもしれない。

私が貰った本たちも、この本いいな、欲しいなとは思いつつ、普段はご飯や友達と遊びに行くのにお金を遣ってなかなか買えていない本たちばかりでした。

そういった本って、みんな結構あったりするのかな、と思います。好きなジャンルだけどわざわざ買わない、でも気になってたり欲しかったりはするというような本。

本だけの話ではないけれど、相手の好みと自分の想いやメッセージを考えながら何をあげるか選ぶ時間も、他には代えられないプレゼントだと思います。値段的には自分で買えるけど、そうでなくて相手が自分のことをたくさん考えてくれて、その末に選んでくれたものを貰う方がうれしかったりしますよね。

 

まだまだ本のプレゼントの経験は浅いので、相手の好みを日々の中で把握しつつ、そういった「自分ではなかなか買わないけれど、もらうとうれしい本」を選んでプレゼントできるようになりたいと思います。

小説もプレゼントしてみたいな。でも、小説は特に人によってジャンルや文体に好みがあるからハードル高そう…笑

ふわっとした話になってしまったのでお題に沿えているかは正直あやしいところですが(笑)、本とプレゼントの話でした。